君とのペア

こんにちは。

新二回生漕手の阿蘇品です。

最近は少し暖かい日が増えてきていよいよシーズンに入るという実感が湧いてきました。

冬季の前半は腰の怪我などもあって主にシングルで乗艇技術を高めていたのですが、最近は同じ新二回生と無しペアに乗っています。これがとても難しく、なかなか動きを合わせることができません。初めは、ペアは秋季の頃乗ってたエイトより難しい艇種なんだ思っていました。でも冷静に考えると、二人乗りで動きを合わせられないのに八人乗りで動きを合わせられるはずがありません。実際、一人が前の人に動きを合わせられる確率が50%とすると、エイトで全員の動きが一致する確率は、単純計算で50%の7乗、約0.8%となります。これでは2000mレースを漕いでも一、二本しか合いません。今思うと、エイトはペアよりも自分の漕ぎが艇速に与える影響が小さく見えることもあり、自分に自覚がなく、他の人と動きを合わせられていないことに気づいてすらいなかったのでしょう。

学生コーチの方が、漕手をペアに乗せるのは、個々人に船を進めることに対して責任感を持ってもらうことでより大きく技術の向上してもらうためだとおっしゃっていたのもこういうことなのでしょう。

なかなかに苦しいペアですが、僕はボートが好きですし、得意の逆転の発想で、逆に飛躍のチャンスと考えて取り組んでいきたいです。

4か月前