クルー紹介〜coxの視点から〜

朝日レガッタ二日目が終了しました。

こんばんは、二回生coxの近藤啓太です。

対校8+恒例のUNOで負けてしまったので、「何書こうかな〜」と思っていましたが、前のおふたりに続いてクルー紹介を、いつもと違う視点からしてみようと思います。

「もういいよ!」という声も聞こえてきますが、シーズン初戦ですのでぜひクルーを覚えていってください。

cox 近藤啓太(2)

僕です。先輩ばかりなのでけっこうびびっていますが、表に出さないように頑張っています。福岡君も書いていましたが、男子coxの中で僕のモノマネだけ存在していないのがつらいです。

 

整調 福森一真 (4)

恵まれた体格からパワフルな漕ぎを魅せる…が、恵まれすぎて視界がかなり遮られ、前方が見えなくなるので結構ひやひやします。水上ではいろいろと教えてくださってとても勉強になっています。分漕の時に色々しゃべってくださるのが好きです。話の内容は福森さんの名誉にかかわりかねないので伏せさせていただきます。

 

7番 向井雅貴(4)

乗艇中に冷静な分析をして、熱いクライをあげてくださる。去年のインカレの時から思っていましたが、水上では怖いです。が、尊敬しています。「1クルーに1向井さんほしい」という話が冬季以降しばしば聞こえてきています。「ジョジョの奇妙な冒険」をおすすめしたところドはまりされていて「計画通り」って感じです。

 

6番 牧鮮大(4)

名前が独特すぎて変換できないので、発艇リストにうちこむときに「あざやかおおきい」と入力しています。合宿所にいるときとか、サーキットのももあげのときとか、よくわからない絡みをしてくださることが多いのですが、心を開いてもらえている証拠だと思って喜んでいます。声がすごく通ります。

 

5番 中村総太(3)

牧さんと違って一発で変換できるのでとても助かっています。Sフォアがイタリアンで一番合わせにくいポジションだと思いますが、すんなり適応されていてすごいなああ、と思っています。総太さんも「ジョジョの奇妙な冒険」にはまっておられて、ちょっと怖いくらいのスピードで読み進めています。

 

4番 田村隆大郎(3)

予測変換一発で出ると思いきや、「太」を「大」に書き換えないといけないというトリッキーな先輩です。クルーミーティングでものすごい正論を言っているはずなのに、イケボすぎて話すだけで笑いが起きていて不憫だなあと思っています。スタートの時にブレードが浮いてきがちです。

 

3番 福岡知弥(2)

唯一の同期。秋季の時よりもかなり漕ぎやすそうにしています。口ではけっこう控えめですが、やるときはしっかり結果を出してくる、にくい男です。僕がすべった時、どんなに遠くにいても駆けつけてきて「すべった~!」と煽ってくるのがうっとうしいです。最近何か守るものができたそうです。

 

2番 水野光(4)

最近の口癖は「御社~!」。就活もボートも頑張るタフネス先輩。バウペアに回ってからいっぱい発言してくださっています。誕生日が一緒なので勝手におにいちゃんみたいだなあと思っています。よく飲みにつれて行ってくださいますが、その時の記憶は何も残っていないそうです。かなり心配です。

 

バウ 中山瑛葵(3)

割と予測変換ですぐ出るんですが、去年の秋くらいまで正確な読み方がわかりませんでした、すいません。冬季よりも圧倒的にうまくなっていて、バウから艇を支えてくださっている頼りになる先輩です。体を傾けてバウのほうをのぞき込むとだいたい笑顔のてるみさんが見えてびっくりします。

 

今日は荒天でレースが中止になってしまいましたが、明日の予選から明後日の決勝まで一気に勝ち上がっていい流れでシーズンに入れるように総員奮励します。

応援よろしくお願いします。

 

近藤啓太

1年前