ハイ・ヴォルテージ

 こんばんは。二回生舵手の近藤啓太です。今日は台風一過といった感じのきれいな秋晴れでした。皆さん無事だったでしょうか? 僕はインカレ直後にこんなひどいおみくじを引いてしまいましたが無事でした。

 

 初めに、遅くなりましたが、インカレでのご声援ありがとうございました。

 さて、いつもボートのことばかり書いているので趣向を変えて、今回は表題にあるようなヴォルテージの上がることが複数あったので書いてみようと思います。

 

 まずは、履修登録。個人的に世の大学生が一番勉学に対する熱意に満ちている時期ではないかと感じています。

どの授業をとろうか、ここに空きコマをつくれば予習復習に時間が取れる、新しい語学にも手を出してみようか、専攻外の授業も聴講してみようか・・・ 夢は膨らみます。 僕もそういった中の一人ですし、そういった意気込みが見て取れる時間割がツイッターのタイムライン上には溢れます。

 この熱を維持するのが難しいですね。今日は大学で10人以上のボート部員とすれ違いましたが、一か月後の同じ時間、果たして僕は何人の部員とすれ違うことができるのでしょうか。そもそも僕もその時間に大学にいるのでしょうか。本当はこのモチベーションの維持方法をブログの内容にしたかったのですが、なにしろその経験がないので無理でした。岡崎君のブログを参考にしましょう。

 

 次に、秋季選手権。

今年の秋シーズン、僕は秋季セカンドフォアの舵手として一回性とともに頑張ることになりました。これで一シーズン中に全舵手付き種目での出場を果たすことになりました。笑 まだクルーとして三乗艇ほどしかできていませんが、一回生の若さとやる気に元気と刺激をもらっています。ありがたいことです。これから引退するまで彼らとともに戦っていくことになるので、いいスタートダッシュを切りたいですね。(瀬田川は全開放流になってしまいましたが・・・) 僕は昨年エイトで三位という結果に終わってしまったので、頼もしい後輩たちと加古川での優勝目指して頑張ります。

 

 最後に、ジョジョの奇妙な冒険、第五部アニメ化!

うれしい限りです。オフ日の深夜なので夜更かししてのんびり見ようかと思います。

「去ってしまった者たちから受け継いだものは更に「先」に進めなくてはならない」

いいセリフです。四回生の方々はまだまだ現役ですが、これから新体制になっていくチームでもさらに上を目指して頑張ります。

 

 うまい具合に締めくくることが出来たので、今日はこのあたりで。

 寒暖差が激しくなってきていますので、体調には気を付けてください。

 

P.S.東大二回生舵手のH君が、いつも僕がブログにねじこんでいるパロディを解読してくれているそうです。今回も期待しています!

1年前