令和ローイング

こんにちは、2回生漕手の日下部です。

あ、このブログのタイトルは、朝日レの会場である琵琶湖漕艇場に売っていたTシャツに書かれていた言葉です。使ってみました。

さて、先日の朝日レガッタではそれぞれのクルーで思うところや得たものがさまざまあったと思いますが、今回のブログでは、朝日レを終えた自分自身のことを書いてみたいと思います。まあ、よかったら最後までお付き合いください。

わたしは今年の朝日レに、シングルで出漕しました。自分にとって初めてだったこの朝日レは、秋季選手権以来2度目の大きな大会であり、初めてのシングルレースでもありました。

結果は悔しいものでしたが、この大会は、大会までの練習期間も含めて、自分の今までの1年と少しのボート部生活の中で、ひとつのきっかけというか、これからに繋がる大きなものになりました。

というのも、朝日レに向けて練習する中で、またレースを経て、いい意味で今までと変わったことがいくつかあったからです。

まずは、練習を通して、ボートに乗ること自体を楽しいとはっきり思えるようになったこと。去年ボート部に入った当時、新歓ボートレースで漕いだボートはわたしにとってめちゃくちゃ難しくて、正直楽しさを感じる余裕はありませんでした(笑)。じゃあなんで入ったのかというと、ボート部員のみなさんに惹かれたからなのですがまあそれは置いといて、なんで最近ボートに乗ることが楽しいと思えるようになったかを考えてみると、昔よりずっと考えて練習できるようになったこと、分かることが増えたこと、成長を感じられるようになったことが理由かなと思います。昔は今よりもボートに関して分からないことが多くて、何が分からないのかも分からなくて、昔はそのときなりに頑張ってるつもりでしたが、今考えてみると漫然と漕いでることも多かったなと思います。今は分かることが少しずつ増えて、昔よりも考えながら練習できるようになりました。まだまだではありますが。自分は不器用だし人よりいろんなことができるようになるのが遅いなとよく実感するのですが、だからこそできるようになったときはとてもうれしいです。そういえば以前わたしの代の新人コーチが、今分からなくてもいずれ分かる時が来ると言ってくださったことがあり、最近ほんとにそうなんだな、と実感して、うれしいのと、感謝の気持ちでいっぱいです。あと、最近うまくなったといろんな人に言ってもらえるのも本当にうれしいです。とはいえまだまだな部分だらけなので、これからの成長も見ていてほしいです。

次に、レースをきっかけとして変わったこと。そのひとつはレースとはこういうものというのが分かったこと、また自分の課題が見えたことです。レースを通して、一言で言えば練習とレースの違い(違うのは当たり前なのですが)を痛感させられ、自分の見通しの甘さと未熟さを自覚しました。ですが初めてシングルでレースをして、言ってみれば今まで知らなかった世界を知り(先ほどの分かることが増えた、という話にも繋がりますが)経験値が上がって、次への成長に繋げられるな、という自信のようなものが生まれました。経験って大切です。たくさん見つかった課題も、必ずこれからに生かします。

変わったことのもうひとつは、自分の勝ちたいという気持ちです。今までも、勝ちたいという気持ちはもちろんあったのですが、まだいまいちイメージが掴めていなかったからかやるからには勝ちたい、くらいのぼんやりとしたものだった気がします。それが、今回のレースで全然思い通りに漕げなくて悔しい思いをして、次にレースに出るときは今の自分とは比べものにならないくらい成長して、絶対に勝ちたい、という強い気持ちに変わりました。シングルで今回負けた人たちにこの先勝ちたいと思ったし、クルーボートでも勝ちたいという気持ちはずっと強くなりました。

わたしが朝日レに向けて立てた目標は、朝日レまでの練習期間を、シングルで強くなって、ひとりでも、クルーボートに乗ったときでも、いい戦力になれるようにするための期間にしたい、というものでした。この目標は少しは達成できたのではないかな、と思っています。この朝日レは、自分の課題を認識して、一方で成長も感じられて、気持ちの変化も生まれて、これからも成長しよう、頑張ろうと思える大会になりました。

ついでに言うと、レースはめちゃくちゃ緊張しましたが、レース独特の高揚感とかが楽しい、とも少し思うことができました。あと、大会のたびにボートをちょっと好きになることができるなあ、と思います。こんな風に自分なりにいい意味で楽観的に、でも厳しく目の前のひとつひとつにちゃんと向き合ってこれからやっていきたいです。後輩もたくさんできて、頼れる先輩になるぞ、という決意もあります。そして、いつもたくさん支えてくれたり、アドバイスをくれるまわりのみなさんに恩返しできるように、今シーズン、全力で突き進もうと思います。

最後になりますが、応援団のみなさんをはじめとする京大ボート部を応援してくださった方々、本当にありがとうございました。これからも全力を尽くしていくので応援よろしくお願いいたします。

日下部 春野

写真は、全然関係ないですがおーはしが先日撮ったヨダです。いい写。

2か月前