慈照一回生の真面目さゆえです

こんばんは、一回生スタッフの更科です。

遅ればせながら滑り込みでクルー紹介をさせてください。

では早速、私がクルーサポートを務める慈照のメンバー紹介を始めます。紹介文はある人が別の人のを書き、その人がまた別の人のを書き…みたいな感じで回しました。それではどうぞ。

 

B 田熊大輝

入部当初もコミュ障のわりに押しが強いという謎の生態で引かれていたが、最近もわりと別の意味で頭がおかしいと思われている脳筋。ただどんどん顔つきがいい男らしくなってきているともっぱらの噂(クルサポ談)。はっちゃける時はとことんはっちゃけ、真面目に取り組む時はとことんひたむきになる凄いやつ。そして感謝を忘れない男。秋季期間中の乗艇スキル伸び率ナンバーワンのはずなので、この男の努力が慈照の成長に大きく繋がっている。

(CSより)

 

2 太田陽悠

 

困り眉と長い手足が特徴の、なんでもさらっといい成績を残しちゃう男。受験も琵琶シューテストもエルゴもなんでもこい。なのに本人はネガティヴなので、周りからすると意味がわからない。ただとにかく笑顔がかわいい。そのキラキラの笑顔で男女問わず依存者を生み出している。乗艇後やエルゴ前に笑顔が見られない時は、クルサポの更科が姉のごとく心配しているが、まあ結局ちゃんとやり切って明日を生きるので信頼もされている。慈照の爆発力を生み出すのはこの男。

(CSより)

 

3 浅井泰一郎

 

艇上では常時ネチネチと小言(=指導)を精力的に繰り出し、ときどき声を荒らげる。しかし、これもすべて新人の成長のため。ぼくはこんなこと言いたくないけど彼らのために心を鬼にしている(本人談)。あれ、でも対校クルーでも彼も叫び声を聞いたような。

(Cより)

 

S 森川拓洋

慈照の頼れる整調(最近は整調としての役割を田熊に取られがち)。持ち前の無尽蔵のスタミナで艇に一定のリズムを作ってくれる。くだらないボケにもきちんと鋭いツッコミを入れる慈照唯一の真人間。 ただあだ名は回生のうち上野と張る可愛さを誇り、そのギャップにみんなやられている(気がしないでもない)

(2より)

 

C 菅井涉太

穏やかさと熱さの両方を合わせ持つCox。常時熱く的確なコーチングで艇上を盛り上げてくれる。ただ一度だけオールメンのことをバウフォアと言い間違えていたが、普段はボケではなくツッコミである。

(Sより)

 

Coach 鈴木順也

鋭い眼光でクルーの動きをチェックし、新人にもわかりやすくご指導してくださる順也さん。マジ感謝。マジありがとう。(…と言いつつ、彼らは雀の涙ほどしかないコミュニケーション能力のために、近くにいるのに順也さんをミーティングに呼べず、寂しい思いを何度も経験させている)

(3より)

 

CS 更科香

このクルーの実質の支配者。なんなら独裁者。クルー写真を撮ったがお気に召さなかったらしくみんなが知らない間に消されていた。そして別日にまた撮ることになった。その割には恥ずかしがって中途半端な感じの写真が出来上がった。他の人たちはみんな微妙な写真の出来を不満に思っているが、それを口に出すと存在を消されてしまうので言うことができないでいる。でも、たくさんモーションビデオを撮ってくれたり、しっかりビデオをまとめてくれたり、たくさん(夜遅くにも)ビデオを見て僕たちの漕ぎを確認してくれたり、ミーティングで本質を突いた発言をしたり、僕たちが元気がないときには更科の明るさに助けられています。いつもありがとう。

(Bより)

 

クルーの一回生がブログをしっかり書き上げてきたためクルー紹介をする人がおらず、結局大会直前に書くか!と発起し滑り込むような真面目な慈照メンバーは、初めての大会ということもあり他から心配されるほど緊張しておりますが、本番でもいつものごとく一致団結し、自分と仲間を信じて頑張ります。

会場にお越しくださる方もそうでない方も、どうぞ慈照の応援をよろしくお願いします!

3週間前