極寒のテスト期間

こんばんは。大寒を迎え、いよいよ寒さが厳しい折となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ボート部2回生の岩田です。

今日京都は氷点下まで冷え込み、また雪も降り積もり、極寒と言っても差し支えない気候となりました。路面も凍結し、自転車のみならず歩行者もスリップして転倒するほどとなりました。

こんな日には本当は家から一歩も出ずに暖かい部屋で過ごしたいところですが、今週は残念ながらそうも言ってはいられません。今週から来週にかけて、大学が期末テスト期間となっているからです。

僕は「勉強しなくても楽に単位を取得できる」という偏見によって他学部から「パラダイス経済」、略して「パラ経」という不名誉な蔑称を付けられてしまっている経済学部に所属しているのですが、いくらパラ経と雖も全く勉強せずには単位を取得することはできません。テスト直前になると必死に猛勉強する経済学部生は多く見受けられます。自分もそのような人間のうちの1人なのですが、そのおかげで短期間に集中して物事に取り組む能力が大学に入ってから上昇したかもしれません。また、大学の授業は自分の興味のある分野であることが多く、テスト期間に強制的とはいえ勉強することで、普段は息を潜めている勉学に対するモチベーションが出てきます。そのようなことを考慮すると、テストは何も悪いことばかりではないのかもしれません。下に僕の下宿の机の写真を添付します。勉強へのやる気がありありと伝わってくるような机に見える気がしますね。

僕は明日のテストでちょうど折り返しを迎えることとなります。テスト期間も残り数日となっているので、ラストスパートをかけて頑張っていきたいと思います。

最後になりますが、明日以降も天候が崩れて厳しい寒さが続くことが予想されます。皆様お出かけの際はどうぞ暖かい格好でご自愛ください。

京都大学ボート部
2回生舵手 岩田健吾

7か月前