暦の上ではDecember

『土に根を下ろし、鳥と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。』
どんなに恐ろしいメニューを作っても、たくさんのかわいそうなエルゴを操っても、川からは離れては生きられないのよ!

ジブリはいいですね~。『宇宙戦艦ヤマト2』の白色彗星にそっくりです。
京大生の皆さんは吉田南図書館にDVDを見に行くのはいかがでしょうか。ジブリの他にも、モビルスーツを着て戦ってるやつとか、入れ替わってたら彗星が落ちてくるやつとか結構色々あります。冗談はここまでにして、最近秋季選手権のゴール音と共に2021シーズンがおわりを告げました。こんにちは、3回生漕手の高橋空吾です。
冬季トレーニングでは私は何に乗って練習してするのでしょうか。最近では朝方の移動の際に気温が5°Cを下回ることも出始めて、水温もそれに伴ってかなり低く危ない時期になりつつあります。2022シーズンでラストイヤー、ボートは危険なスポーツであることは重々承知しているつもりですので、メニューで死んでも実際に命を落とすことはないように、自身及び周囲に細心の注意を払って練習に励んでいく所存です。

今年の夏は長雨でそんなに暑くなかったですが、過去最高級に焼けました。
さて、冬です。あと1ヶ月もすればもう移動すらしたくもないような、つんざく寒さが予想されますが、そんなに冬嫌いじゃないんですよね。夏より好きです。僕は2~3m積もる豪雪山間地帯ではなく、海沿い生まれの雪国出身()なので、冬に対して、雪に対してまだ愛着があります。外が白くて寒いときに部屋のなかでテレビ見たりぼけ~っとしたりするのがとっても好きです。歌も年中冬ソング歌っている気がします。広瀬香美のせいですスキーブームのゲレンデが人であふれかえっていた頃にタイムスリップしてみたいです。まあ冬が好きとはいえ、京都盆地の乾燥した冬は体感温がかなり低いのでかなりえますが、今年こそは雪化粧をした金閣などをみてやろうという気ちです。トレーニングのからいえば、冬季に漕げることに感です。スタッにはがりません。これブグで書くのが2な気もしますが、地の水では水温低下と安全性問題より冬季に練習ができないので、12月~3月の3ヶ月はエルゴのみでした。東日本には冬季に練習ができないチームもあるので、冬季でも乗ができるこの環境にはいまだに贅沢を感じにはいられませんし、乗11実したものにしたいです。ラストウィター瀬田川、贅沢をかみしめて頑張ります。

秋季選手権全日ファリストのエース副将2から学ぶことはかったです。

さて、りますが先日、秋季選手権がわり、2021シーズンが終了しました。秋季率直な感想としましては、レースまでに完成度をあげきれんかったな~といった感じでしょうか。1着と1もありませんでしたが、それ以序盤出られるレース展開めどころでのールなど、完成度を感じるものでした。自がもうかったらとうばかりですが、冬季にけて課題明確になったレースでもあり、インレのかしてボートにんだ11月はなからず収穫ることができました。そしてシーズン終了後に冬季をスイープで練習するか、スルで練習するかの選があったのですが、僕はスルで冬季を過すことを選しました。その動とつ、『スルでちたい』といういです。ボート部に入ってから、おおよそ2年間、スイープを漕いできましたが、今年のインレ選でスルを選し、で大に出させていただきました。スルを選んだのは期のくんにをかけてもらって白そうだな~ったのが発端ですが、インレの4ヶ月にわたる練習期間でくの人から本にたくさんのものをびました。多分こんなに指導してもらったのはめてです。その、インレでくいい漕ができなかったことが本しくて、自非力さを感するものでした。インレでは田入りからパフォーマンスが安定、タイムトライアルで3の僕が整調の田のつくるのリズムに乗りきれによいタイムが出ませんでした。そのタイムで回った予選で準決勝ラインにず敗退しました。田でよいパフォーマンスを出せなかったのも実のうちですが、インレは95%僕のせいでけたものだと自しています。タイムトライアルで1秒差だった慶応が最終日出しているのをまえると、責任を感じにはいられません。

2021イン。これまでのボート生1長くてい夏でした。
だからこそ、ラストシーズンになる4回生のシーズンでは、今年たものをのレルにげて、田で出しりたい。『スルでちたい』、ちたいです。僕はまだ年のインレに出ることが見えるくもないし、ましてや乗りたい種やシートに乗れるくもないので、目標に手をばすにはこの冬でのトレーニングでとまわり、ふたまわりーイングのレルをげる必要があります。上記のように冬も好きですし、冬のトレーニングはと好きな方なので頑張ります。
気がついたらされた時間は1年もありませんでした。
今年の冬も夏以実したものにして、あっという間にわるくらいまでにボートにいたいといます。
これからもご指導・ご支援しくお願いいたします。
2か月前