わたしのなつやすみ

初めまして。新人漕手の櫻井美月です。

なんだか始めに名前の自虐をするのが流行りみたいですが、私は完璧なほどに美しい名前でマイナス面が見当たらないので割愛させていただきます。あえて言うなら名前の美しさに本人が追い付けていないことくらいでしょうか。これが一番の自虐ですね。お父さんお母さんいい名前を付けてくれてありがとう。

夏休みが始まる前までは、ああ私の夏の思い出は瀬田川一色になってしまうんだろうなあと瀬田川の青緑色に負けないくらいブルーな気持ちでしたが、いざ夏休みが終わってみればさっぱり夏色に…なんてことはなくやっぱり瀬田川一色でした。

しかしさすがに二か月まるっと瀬田川に捧げたわけではないので、私の夏休みの青緑色ではない部分を紹介したいと思います。

 

1.バイト

エッセン代と家賃の板挟みで好きなように使えるお金がすずめの涙ほどしかなくて涙の量を増やすべく某牛丼チェーン店で働き始めました。伝説のパイセンこと池田さんとリア充まりもっこりこと井上ふくみと一緒に働いています。初バイトは緊張してミスのオンパレードでしたが残念ながらそれは今でも続いており、細かなミスから挙げていけばきりがない上にしょうもないものばかりで猛省の日々です。今のところミスaverageは3回/1シフトで達成率は110%です(櫻井調べ)。これからaveを1回未満に落としていけるか注目です。シフトのラスト1秒まで油断せずaveを落とします!

 

2.タイ旅行

私の夏休みの中の唯一の旅行でした。せっかくの家族旅行だったのでタイに行ったのですが、琵琶周と一部日程が被ってしまい、琵琶周は泣く泣く途中離脱しました。帰ってきたら琵琶周前とは違ったピンクの雰囲気を醸し出す人が数人いて琵琶周3日目の夜を見届けれなかったことをちょっと後悔しています。タイ旅行と銘打ってみたはいいものの特筆して書くこともないので写真をお楽しみください。

タイで食べたタピオカとパンと有象無象がつまったかき氷です。みんな遠慮して(?)食べないので私がおいしくいただきました。

 

またタピオカです。車内で撮影というダサさをカバーしようとして背景を袋にしたことでさらにダサみが増しています。こんなに映えないタピオカがあるんですね。

 

今度も言うまでもなくタピオカです。後ろのコップの中ももちろんタピオカです。タイでもタピオカがブームのようでした。

 

あとは中高時代の友達や部活仲間と遊んだくらいしょうか。ボート部という部活の性質上一般的な大学生に比べると遊びの少ない夏休みではありましたがそれなりに充実していたと思います。

秋季まであと1ヶ月を切りました。私は女子付きクォドに乗らせて頂いています。クルーを組んでから2週間ほどですがボートの奥深さと難しさを実感する日々です。私の心のQOLを下げまくるエルゴとも弱音を吐きながらもなんとかうまく付き合えています。ハードな練習を乗り越えて、頼れる先輩方と一緒に乗ることができる幸せも噛み締めながら、秋季まで成長し続けて優勝を目指します。応援よろしくお願いします。

読んで頂きありがとうございました。

2週間前