ボート部は辞められない

はじめまして!1回生新人漕手の井上ふくみです。現在、秋季に向けた練習のまっただ中で、私は女子クォドルプルの山紫に乗っています。最近カウントが1、2、山、紫にしか聞こえなくて少々困っています。

私たち山紫はクルーの一体感を高めることがボートの上達につながるはずだと信じ、これまでに3回、絆を深める会を開いてきました。(チキンなので上回生の多田さん真穂さんは誘えていません…)

 

第一弾!

夏休み最後のオフを使ってパンケーキパをしました。会場はかのこ‘sハウスです。普通の女子大生だったら家でパンケーキ食べるくらいでそこまで興奮しないのでしょうが、ほぼ滋賀に監禁状態の私たちは計画を立てるときからとってもとっても楽しみで、当日はほとんど発狂しそうな勢いでした。小さなことで幸せになれるってとっても幸せなことですね。

 

いつも食べられないものをたくさん食べてやる!と意気込んで、フライドポテト、フライドチキン、生クリーム、アイス、チョコ、フルーツ缶、バナナ(あれ?いつでも食べれる…)などを用意しました。

 

生クリームをあわ立てて不敵な笑みを浮かべる衣川、数時間後にクリームの多さに苦しむことになるとはまだ気づいていない

 

初めからテンションMAXで、しょうもない事で馬鹿笑いしていました。語尾に「たんげ」をつけたり、「やばない?」とか「いいね」とか連呼したり、筋肉アニメの歌を歌ったり(内輪ネタですみません)…本当にしょうもないです。

 

イモムシみたいなグミを嬉しそうに掴む打土井、おいしいよと言って勧めてきた。

 

 

でも途中、深い話もしました。

 


私は京都モーションが始まって1週間ほど(早すぎですね)で、部活をやめようと新人コーチに相談したことがありました。ランもコアトレも本当にいやだったんです。その後もモーションがつらい度に何度も辞めたい辞めたいと思ってきました。北参道とかエルゴとか信じられないくらいきつくて本当にいやになります。それでも私は結局ボート部を辞められませんでした。それは尊敬してやまない新人コーチと楽しい仲間がいるからです。



つらい練習中に一生懸命鼓舞してくれたり、なかなか出来るようにならなくて同じ事を何度も丁寧に教えてくれたり、ちょっとのことで褒めてくれたり、面白い話で和ませてくれる新人コーチがいなければここまで続けられませんでした。あと少しと思うとどうしようもなく悲しいです。最後までどうぞよろしくお願いします。

 


中高帰宅部で運動経験がないのに弱音を吐かずに一生懸命頑張る人や、エルゴルームに残って一人で最後まで応援してくれる人、コアトレ中に自らおもりを持ってきて自分を追い込む人、ランの最後に声をかけてくれる人、そして練習の辛さを全部忘れられるくらい笑わせてくれる同期のみんなのおかげで今もここで頑張れています。本当にありがとう。

 

ボート部にいると、朝からバタバタだし練習はつらいし、夜もバタバタだし練習はつらいし、オフは全然ないしオフ明けはエルゴだし…嫌なことばっかりだ!ってよく思います。でもその代わりに、私はこれからずっと一緒にいたいと思える仲間を見つけました。一緒に頑張って、慰め合って、笑い合って、きっと何でもわかり合える、そんな仲間です。ここから1人もかけずに最後まで頑張れたらいいなと思います。

 

第二弾!

日曜日の練習後、3人で銭湯に行きました。合宿所と石山駅の間にある『容輝湯』というところです。昔ながらの銭湯、ですがかなり綺麗にしてあって居心地の良い場所でした。3人揃ってリピーターになりそうです。この後に自転車で再び汗を流すことにはなりましたが、練習の疲れが癒されます。皆さんもぜひ一度行ってみてください!



第三弾!

鍋パをしました。会場はまたまたかのこ’sハウスです。寒い中、鍋を囲うのは最高ですね。とても楽しかったです。

美味しそうな鍋に驚く衣川と打土井



山紫の絆は十分です!あと2週間、練習を積んでどんどん上達していきたいです。

一回生のみんな秋季頑張ろうね!

2年前