実は女子だった

こんばんは、1回生漕手の日下部です。

今日は先日のバレンタインデーついて書こうと思います。

京大ボート部では、今年のバレンタインデーは女子が回生ごとにお菓子作りをしました。1回生は、3つのグループに分かれて、3種類のお菓子を作りました。それがこちら!

上から、生チョコケーキ、ブラウニー、スノーボールクッキーです。おいしくて、作ったわたしたちもたくさん食べてしまいました(笑)。この数日間ですごい量のお菓子を食べてしまいましたが、年に一度のバレンタインだから許されますね…!

お菓子を作るのももちろん楽しかったのですが、ラッピングがこれまた楽しかった!こうしたらかわいい、いやこうしたらもっとかわいい、それいいじゃん!…などとみんなで話しながらラッピングを考えて、完成したときはとてもうれしかったです。男子のみんなに渡す前も、誰かの誕生日を祝う前のようなわくわくした気持ちになりました。自分にもやっぱり女子の心があるな~と思う瞬間でした。このブログのタイトルはその時ともかが言っていたセリフです。

男子やコーチのみなさんに、おいしかったとかありがとうとか言ってもらえてとてもうれしかったです。こういう何かを企画してプレゼントするイベント、個人的にとても好きなので来年も楽しみです。

それでは今日はこのへんで。

3年前