東大戦、みんなで勝った!

こんにちは。この度東大戦で対校女子ダブルの整調を漕ぎました、2回生の椙山です。大変貴重な経験をさせていただき、サポート・応援してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

以下、自分のための日記を持ってきたので駄文ですが素直な気持ちであり伝えたいことでもあるので良かったら読んでください。

春野とダブル組んで、あんまりうまくいかないこともあったけど、短い期間でも春野とならもっともっと上を目指せるって心の底から思えた。実際1週間切ってから、しっかり妥協せずイメージを話し合ってクルーとしての距離が縮まっていく感じがした。戸田入りしてからも毎乗艇で成長できた。
イメージをしっかり共有しておいて、乗艇前にさらっと、でも明確に狙いを振り返る。これをするぞ!って乗艇に臨んで、調子が悪くても細かくフィードバックしてその乗艇中に上向けて帰ってくる。練習はこうあるべきだと思ったし、これが出来ているうちはどこまででも伸びそうな気がした。レースは緊張した。特に着替えだすあたりがやばかったけどエルゴしたらちょっとマシになって、蹴り出しで大勢の人たちに声援をもらってにやにやしてたら結構大丈夫になってた。自分たちならやってきたことを出せると思えた。ボートホルダーをまひろがやってくれて、スタート前に顔見て話せたのは緊張がほぐれたし肩の力をいい感じに抜くことができた。ここでも人の支えを感じた。もちろん、ピットインでのしほさんさくらとの握手は力になった。
レース中は絶対的に春野と自分を信頼してて冷静だった。逆でちょっと重かったけど抜くポイント意識して大きく漕げた。春野が元気よくコール入れてくれたのがすごいありがたかった。ずっと応援の声も聞こえて、幸せだなと思いながら漕いでた。ゴールして、良いレースができたと思えて嬉しかったし春野と握手した時は泣きそうになった。諦めずに最後まで成長しようとしてきて良かったなと思った。ダウンで回漕レーンをのぼってるとき、多くの人がおめでとう!って笑顔で言ってくれて嬉しかった。あとはこれでエイトが勝ってくれたらもう最高。ゴール付近で春野とそわそわしながら祈ってた。500m速報で3秒差で出てるって知った時から喜び爆発させるチャージをしてる感じやった。背中が見えてきて、出てる!ってなって、2人でバタバタして(笑)、ゴールした瞬間はもう嬉しくて嬉しくて嬉しくて…。厳しいと思われる条件のなか負けん気共有して頑張ってきてたし、あぁ、ほんまに良かったなぁ!すごいな!!って涙が出てきた。嬉し泣きできるのなんて人生で何回あるんやろね。
それからそれから。前日に同期スタッフから手紙とミサンガ貰って、こんなにも純粋に自分らのことを応援してくれる人たちのことを本当に大切にしたいと思った。めっちゃ力貰えて頑張ろうって背筋が伸びる思いやった。当日の朝、練習試合で女子部1×全員1位を目の前で見て、すごく背中を押された。さくら、クルサポやってくれて配置無い時も朝早く起きてビデオ撮ってくれてありがとう。何より、クルサポやらせてくれてありがとう、って言って前向きに自分たちに寄り添ってくれたのがすごく支えになりました。しほさんはいつでもあたたかく見守り支えてくださって、存在の大きさははかり知れません。インカレ絶対クォドで最終日現実にする!

こんなにも良いことづくめでいいんだろかと思った東大戦。
誇りにかえて得たこと糧に次に進む。
頑張るのでこれからもよろしくお願いします。


エイトの写真も大好きですが本人たちのブログで見られることを期待して載せるのはやめておきます。

4週間前