Return to 戸田

男子舵手なしクォドルプル”龍安”の担当になりました、一回生漕手の東村敢です。「一回生なのにこのような大会前の大事な時期の担当になっていいのか」と何度も確認したのですが先輩方は「ぜひ東村が書いてくれ」とおっしゃってくれたので筆をとった次第です。
編成に際して様々な波乱はありましたが、私たちはクルー結成からインカレに狙いを定めて日々努力してきました。私は一回生ながら選出していただいたということで、先輩方に囲まれて緊張感のある練習ができています。今回は、そんなメンバーを紹介します。


    中村総太(S):みず・あく
かっこよさ 7
うつくしさ 5
かわいさ 4
かしこさ 6
たくましさ 3
位置の関係で艇を運ぶ際ほとんど力を使っていない。秋葉原で何やら楽しげなものを買ったようだ。
    東村敢(3):ノーマル
かっこよさ 6
うつくしさ 2
かわいさ 6
かしこさ 4
たくましさ 7
「自称陽キャ」の「自称」を払拭すべく奮闘中。なぜかまったく若さを認めてもらえない。
    吉田晶(2):くさ・フェアリー
かっこよさ 4
うつくしさ 5
かわいさ 8
かしこさ 4
たくましさ 4
「ヒモになりそう」との呼び声が高い。焼肉屋にて同じ味のシューアイスを8つ平らげた。
    田村隆大郎(B):かくとう
かっこよさ 6
うつくしさ 6
かわいさ 2
かしこさ 5
たくましさ 6
寡黙に見えてメイド喫茶に情熱を注ぐ男。まだ隠しているものがあるかもしれない。

次は、真面目にインカレへの意気込みを語りたいと思います。私は高校でもボート部に所属し、まさにここ戸田で練習してきました。しかし、高校で残した結果は到底満足のいくものではなく、大学でもボートを続けて後悔、あるいは怨念を晴らすことを選びました。インカレは一回目の機会として申し分ありません。そのために浪人生活でなまった体をこの半年で叩き直し、全力で2000m漕ぎ切れるようにしてきました。戸田に入って最初は藻のあまりの多さに戸惑い、調子もなかなか上がらずに苦労しましたが、じっくりと調整を行い少しずつレースができるようになってきています。残された明日一日でしっかりと課題を解決して万全の状態でレースに挑めるようにしたいと思います。

3週間前