東大戦を終えて

お久しぶりです。2回生漕手の木戸桜生です。

私は東大戦のエイトの6番に乗っていました。結果は東大に完敗で、力の差を感じましています。私は幸運なことに上回生と乗せてもらえることが多く、いろいろと学ぶことができました。東大戦で久しぶりに同期と乗るので、上回生から学んだことをいかしてクルーをよくしていこうと思っていました。しかし、クルーにうまく伝えられたかなと振り返るとあんまりうまくできなかったなと思います。全日本選手権でなしフォアに乗ったときは先輩がうまくいっていない場所を見つけてくださって、改善方法を教えてもらって、それについていけば良かったんです。当時はあまりそのことについて深刻に考えていなかったのですが、エイトに乗ってフォアの時は乗せてもらっていただけだったんだと思いながら練習していました。エイトに乗って先輩みたいにやろうとしていましたが、どうしたら良いのか分からないことばかりでした。人にわかりやすく伝えるって難しですね。自分もまだまだ全然実力不足でもっと勉強しないといけないです。クルーを良い方向に持って行くことの難しさが身にしみて分かりました。エイトで合わせる難しさも少しは分かったかなと思います。クルー全体で同じ認識を持ちシンクロさせるのが、人数が増えるほど高度なものになるんですね。それをこなせるようなクルーを作れる選手になりたいです。

僕は今の2回生の一番の課題はフィジカル面だと思っています。エルゴタイムは先輩方の結果を聞いていても非常に不足しており、身体も小さいままです。僕自身もまだエルゴタイムは上げないといけないですし、身体もまだまだ大きくなれると思っています。上位のクルーのメンバーのほとんどは4回生で、今年で引退する方がほとんどです。さらにコロナウイルスの影響で今の3回生の漕手は非常に少ないです。なので今の2回生の実力は部の全体の実力になります。なので2回生の実力アップは急務です。幸いにもまだ2回生、実力アップの可能性は大いに残っていると思います。

インカレの選考がもうすぐ始まります。対抗クルーに乗れるように頑張ります!

読んでくださりありがとうございました。

5か月前