リベンジ!伊勢湾ライド

お疲れさまです!4回生漕手の榛澤です。今書いている日で引退まであとちょうど2か月(!?)を迎えている今日このごろなのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?僕はきたる激ヤバ練習メニューに備え、震えて眠る日々が続いています…ただこの夏の練習をのりきり、チームで目標とする結果を達成することを思い浮かべて頑張ろうと思います!!!!!!!!!!🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥

 

 

さて、前置き(???)はこのくらいにしておいて、今回は5月下旬の全日オフに行った伊勢湾ライドについて話したいと思います!最初にライドの全貌を話しますと、去年か一昨年かに三重までライドしようとして失敗したことをふまえ、今回こそは三重の伊勢湾を拝むんだという強い気持ちのもと発足したライドになります!こいついつもライドしてんな。今回のライドに参加したイカれたメンバーはこいつらだ!!!!!!↓↓↓↓↓↓

 

1人目 しょうじニキ

チャリ旅をするといったらやっぱりこの男!圧倒的チャリ知識と高性能ロードバイク、さらには無尽蔵のUT能力をもつ庄司ニキはもはや僕の回生のライドにおいては必須メンバーであり、誰もが認める頼れる主将だ!体重が軽くなっても坂が苦手なのは変わらないようで、上り坂になると「先行くわ」と一人で爆走したあと頂上で休憩していることが多い。今回はメイン機ではなくサブ機での参戦だったが、それでも流石の速さだった。

2人目 トミー

「峠に冨澤あり!」という格言を生み出したこの男。コロナ自粛中は基本的に京都の北のほうの山を生息地としており、花脊峠という激ヤバ坂をたぶん回生で一番登っている(ヤバすぎ)。坂はトミーについていけばなんとかなるみたいなとこある。圧倒的ローギアで漕ぐその姿はまさに漢の中の漢だ!普通に練習の前後にチャリで往復している所や、キツイ練習を根性で乗り切る姿にはとても勇気をもらいました(関選)。

3人目 KD

みなさんご存じ新歓(元)隊長!意外とその圧倒的な声の大きさはライド中には発揮されない。前回はだいぶ序盤にチャリをパンクさせ1時間ほど遅延させてしまうという事件が起こったが、今回は先頭付近で頑張ってみんなを率いていた(気がする)。また自転車の性能が大幅に上昇したことにより、ハンザワが上り坂で追いつけない程度には早くなっていた。

4人目 丹下ニキ

まさかのスタッフからの参戦!漕手→トレーナー→COXという圧倒的異色の経歴の持ち主であり、生粋のcannondale厨。昨年からはロードバイクに加えて自車を乗り回しており、数々の漕手を京都まで送り届けてきた。いつもお世話になっております。この前2000mエルゴのシーズンベストを出していた(??????)

以上4人と私ハンザワの計5人で三重県に乗り込みました!

まず、集合は朝5時百万遍集合。圧倒的集合時間の速さに震えて眠ったが、普通にみんな集合して普通に石山まで行った(ここで丹下ニキと合流)。その後、スタートから30kmほど走った所ですき屋朝食をたいらげ、本格的に三重県を目指す道へ…

すき屋駐車場でのKD
みんな大好きシーザーレタス牛丼

ただ、僕たちは前回失敗したとはいえ、亀山という滋賀に近めの土地までは行ったことがあったので、そこまでの道は楽々進みました。途中に大阪山よりちょい傾斜ゆるめで長めの道がありハンザワはもれなくおいていかれましたが…。mgsinθが違うんじゃ。でもその長い坂を上り終えるとちょうど三重県に入る看板が見え、ここで「旅が始まる!」というわくわくが大きくなっていきました!

三重県着弾!
その後すぐの道の駅でのソフトクリーム。美味しかった

三重県に入ってからの道はほぼほぼ見たことない道ばかりで、京都や滋賀にはない独特の道なりに興奮しました!チャリ旅の醍醐味のひとつですよね~。個人的には、伊勢湾に到着するまでの道で休憩をとった駅がそれっぽくて印象に残っています(「これが三重県だ!」といわんばかりの街並みや喧騒、人の空気感とかもそれっぽかった。写真はない)。そんなこんなで行きはトラブルなく、目的地であった伊勢湾に到着しました!!!ロングライドあるあるなんですが、目的地が「海」だと達成感がとてもあり、「俺たちはとうとうここまで来たんだ」という謎の冒険感もありました。伊勢湾に到着した僕たち一行は浜辺で進撃の巨人ごっこをしたり、堤防に寝転がって海をながめたり、各々の時間を過ごしました。

エレンの真似をするKD
堤防にねそべるワイ
なんか飲んでるトミー

一通り遊んだ後、僕たちは昼ごはんを食べていないことに気付きました。僕が1秒後に「ラーメン行きたい」という鶴の一声を発して三重県のラーメン屋さんへ行くことへ。この時点ですでに走行距離100kmを超えていたため、体に悪そうなラーメンがしみわたり、帰りのことなど考えずにラーメン大盛(唐揚げ定食付き)をむさぼるように食いまくりました。

三重県のラーメン。また食べたい
←庄司ニキと丹下ニキ→

昼飯を食べ終え、重たい胃をぶら下げながら帰路につくことに。途中三重大学があったので興味本位で寄りました。おしゃれな人が多くファッション偏差値の差を感じた。

三重大学のministop

しかし、帰り道でアクシデントが。そもそも三重→京都の道のりは行きに比べて重めの山が多くしんどいのですが、丹下ニキがかなり足に負担を感じるという事態になってしまいました。漕手4人にここまでついてきて、たまに先頭を走ってくれていたこと自体信じられないことですが、体力や筋力差が出てしまったようでした…。幸か不幸か、かなり走った後に駅があり、そこから1000円ほどで石山まで行けることを知ったので、丹下ニキはここでリタイアとなりました。庄司ニキの輪行技術が光っててすごかった。

丹下ニキとの別れ
輪行する庄司ニキ。いつも通りすごい

その地点からまだ京都まで60キロくらいあったのですが、なんとこの日は土曜日、19:30から全体MTGがあります。この時点で18:30ほどだったので家で聞けるはずもないと考えた我々一行は、なんと精華町という町のコンビニの駐車場でMTGを受けることになりました。この日は中バディMTGに初めて新人が参加する日だったのですが、最初に会う上回生の先輩が謎の場所で謎の格好でMTGに出てくるとは夢にも思わないでしょう。それでも、いつもと同じように全体MTGをやりきった我々は、残り数時間の帰路を命からがら行きました。途中で大阪に帰るしょうじと別れを告げ、僕とトミーとKDで晩御飯であるすき屋へ(あれ?朝も行った?)。またシーザーレタス牛丼を食べてエネルギーチャージしてから、今度こそ家に帰ることができました。これにてライド終了!僕は家についた時点で23時であり、まさかの18時間250kmライドという頭の悪い旅になってしまったのですが、わりとこまめに栄養補給したせいか体重はむしろ増えちゃいました…。まあこれも学生時代の思い出になるからヨシ!そういえば途中にKDが「学生時代にしかできない、頭の悪いことをしたいなぁ」ということを言っていました。僕たちは気付けばもう4年生で、さらに僕は来年から社会人になるわけで、もう学生として遊べる期間はもうない、ということに気付いてしまいました…。ボート部生活はあと2か月、残りの学生生活にしてもあと8か月しかないですが、その時その時にやるべきこと、やり残していることを悔いが残らないようにやっていけたらなと思っています!ながくなりましたが、今回のブログは以上になります!!

 

 

 

【暇人向け・ハンザワの個人コラム的なやつ】

①就活成功しました。来年からは某カレーを作るのがうまい先輩の部下として東京で働き散らかす予定です。

アクチュアリー試験に向けて勉強してます。死。

②体重がなんかけっこう落ちました。たぶん全日の1週間で丹羽ニキに食事制限されたからかも?インカレまでに78kgくらいで乗り込みたいね。

70㎏台さんお久しぶりです。

③関選の練習でいい写真を撮ってもらって満足。PCの壁紙にさせてもらいました。

スタッフ新歓用に撮ってもらった写真。練習のあいまの一幕感あってとても気に入っている。あとなんか僕が強そう。

④関西選手権8+、3位でした。🥉

集合写真。10年前の陽キャがよくやってたポーズ。

チームとしては満足度60~70%くらいだったと思うのですが、僕は何気にちゃんとしたメダルを始めてもらったので、なんやかんやけっこううれしかったです。インカレでもメダル(特に金)とりたいね。

 

⑤ベスト出ました。まだまだ出します。

今の限界、こっから上げてく

また、最後のインカレは4+駿で出ることになりました。駿をまた最終日、さらにはFinal Aへ連れていきます。

5か月前