感謝感激雨あられ

こんにちは、4回生の井上ふくみです。

女子部主将としての任期がもうすぐ終わろうとしています。
ボート部で過ごしていると、部に対して色々と思うことがあり、女子部主将になったところで部をより良くしていきたい、と意気込んでいましたが、
結局自分は何を成したのか、考えてみると、目の前の課題に向き合っていただけで、何もできなかった、というのが実際な気がします。

女子部主将としてだけではありません。私の現役生活もあと少しで終了です。4年間を振り返ってみると、忘れられない瞬間がいくつかあることに気づきます。
毎日、部員と交わすコミュニケーションはもちろん楽しくてかけがえのないものでしたが、忘れられない瞬間というのは、やはりボート競技に関わる部分が多いです。

ストレッチャーを感じる感覚を覚えた瞬間、新人コーチがコックスになって50kgまで体重を落としてくれたこと、泣きながら2000エルゴで8分切った同期を横で応援したこと、真っ暗な朝にダブルで水位計に突っ込んだこと、キャッチしたいタイミングにブレードを落とすのでは遅いことに気づいたこと、クルーへの信頼が足りていないと気づいたこと、、、
挙げるとキリがないですが、その時の感情をはっきりと覚えている記憶が沢山あるのは、記憶力のない私にとってはすごいことだなあと思います。

2回生秋に1×に乗ったのは良い経験だった

ボート部に入ると大抵の人は、一度は自分はどうしてボート部に入っているのか、ボートを漕いでいるのか、ということを考えることでしょう。
私は何度も考えてきましたが、結局その時その時の自分にボート部でやらないといけないことがあるように思えて、そのためにボート部を続けてきたような気がします。
ボートを漕ぐ意味としては、「勝つため」と思いながら漕いでいた期間は、恥ずかしながら、少なかったような気がします。もちろん「勝ちたい」気持ちはありましたが、強く思い続けることは出来ませんでした。それでもボート競技を続けてこれたのは、尊敬できる同期の存在と、コーチの支えと、クルーとの楽しい時間があったからです。

同期のみんなは本当にかっこいい。ボート競技と向き合う姿に何度も刺激を受けました。スタッフのみんなもです。4年間をかけて支えてくれる人がいるんだから、しゃんとしないとって思っていました。
今までコーチをしてくれた皆さんには本当に感謝しています。皆さんのおかげでボートをより好きになったし、自分でも続けられる、自分の漕ぎに自信を持てる、と思いました。
それからやっぱり、クルーボートは楽しいです。楽しいのは、みんなのおかげです。特に2,3回生女子、本当にありがとう。
それから、今までずっと応援してくれた家族のみんな、ブログまで読んでくれてた高校の後輩ちゃん、ありがとう!!!大きな力になっていました。

ボート競技に夢中になれたか、と聞かれると胸を張ってYESとは言えない自分が恥ずかしいですが、それでも何とか続けてきたおかげで、こんなにたくさんの素敵な人と出会い、同じ感情を分かち合うことができました。

この4年間、毎日部員と会えるのが本当に楽しくて、それだけでも幸せでした。私は同期が大好きで、後輩のことも大好きです。しんどい期間もあったし、競技者として一人前になれるほどの努力ができたと言えないことには自分の甘さが身に染みますが、
人に恵まれた4年間で、そんな人たちとボートで繋がれたことを嬉しく思います。

このインカレで、4年間の全てをぶつけてきます。
みんなで笑って引退しよう!!!
京大ファイト!

3週間前