誇られる人間に

皆さんお久しぶり?です。今まで学食で米を頼んだことのない3回生漕手の廣瀬貴司です。

今回のブログは主に入ってきてくれた1回生に向けて書こうと思います。まぁブログ読む1回生なんてあんまりいないと思いますが。

まず一番に言いたいことは、何かを誇るより、誰かに誇られる人間になれということです。簡単に言うと、自分が所属している京大を誇ることよりも、京大が自分のことを誇るような人間になれと言うことです。前者に関して言えば京大に入学できた人は誰だって簡単にできます。しかし、後者に関してはほんの一握りの人しかできません。確かに、受験生時代に頑張って勉強をして、ようやく手に入れた京大合格ですが、前者で終わる人は人生のゴールが大学入試です。その後に訪れる約60年間は何をして生きていくのでしょうか。後者に関して言えば、大学合格がやっとスタートラインであり、走り方次第で人生が大きく変わります。どうやって走るかは個人個人によって異なります。大学の4年間というスタートダッシュが今後の方向とゴールを決めそうです。そうじゃないとOB・OGさんが合宿所にいらっしゃって、今後自分たちが使うはずのない合宿所をリフォームしてくれるわけがないです(いつもありがとうございます。)。大学4年間をボート部という走り方で挑戦する皆さんは、この先辛いこともあると思います。一度自分で決めた走り方だと思うので最後までその走り方でゴールを目指しましょう。

何がともあれ、京大が誇るような人間になるのはかなりハードルが高いと思うので、まずは京大ボート部が誇る人間になってください。京大ボート部が誇る人間になったら、ぜひとも京大が誇る人間になることを目指してください。誇られる内容は何も、ボートで結果を出すことや研究で功績を残すことだけではありません。自分の輝ける分野で勝負してみてください。ちなみに自分は京大ボート部の中で一番牛乳パックを開くのが速い自信があります。挑戦待っています。

今までの話をめちゃくちゃ自分の願望を盛り込んで言うと、ボート部はおそらく想像以上に辛いことがあると思うけど最後まで挑戦をして、努力をしてほしい。勉学もおろそかにしない。同期を大事に。自分に自信を持って。悩み事は早めに打ち明けよう。一緒に頑張ろう!

2回生以上につたえたいことも書きます。

牛乳パックをしっかり開いて。食べた後の皿をしっかり洗って。食器用洗剤を適量にして。エッセン部屋に物を放置しない。トイレットペーパーの芯は捨てて。エッセンは責任もって食べなさい。弱音はたまに吐きましょう。無理はしない。困ったら周りに相談しましょう。最後まで走り切ろう!

1回生でボート部ではない子へ。

本気で挑戦したい子はぜひボート部に!大学生活が充実することは確約します。いつでも飛び込んできてください。

最後に、自分はあと1年4か月くらいの間、がむしゃらに頑張ってみようと思います。応援よろしくお願いします。

載せる写真が何もなかったので5,000円のビーフシチューを置いておきます
10か月前