抱負!

こんにちは。2回生漕手の芝田知優です。
先月は東大戦に関西選手権と2週連続の大会でめまぐるしい日々を送りました。最近になってようやく落ち着き、東大戦や関西選手権のことを振り返る余裕ができました。まとめようと思ったのですが、あまりにも長く、暗く、重い文章になりそうなのでやめました。過去の経験は今に活かす為のもの。反省は尽きないですが、反省や後悔ばかりして今を疎かにしてしまうのは本末転倒です。というわけで反省を踏まえた今後の抱負について書いていこうと思います。

①体重を増やす
関西選手権では体格が私の2倍くらいある人がざらにいました。東大の人も体つきががっしりしていましたね。うらやましいな、わがままボディ!個人的に目標にしているのははらまおさんです。最近タンクトップの服を着ていた際に肩や腕ががっしりしているのを見てかっこいいと思いました。私は筋肉がつきにくい体質なので食べる回数とウェイトの重量を増やしてからだを大きくしていこうと思います。1日4食を当たり前にしていきたいですね。

②ボートの動画をいっぱい見る
スイープの練習時、最初はどういう漕ぎをしたら良いのかすらわからず迷走していました。良い漕ぎがわかるのは漕ぎへの理解が深まっているからこそ。そして動画を繰り返し見て自分が漕いでいる姿をイメージすることで良い動きに近づき、理想の漕ぎができるようになるのです。WiFiが繋がっているところでは真っ先に動画を見るようにします。

③エルゴタイムをあげる
漕手の定めであり、義務であると思います。先月は膝の怪我でエルゴはおろか、乗艇もままならない状態でした。しかし、そんな時でもエルゴタイムは伸びるのです。なぜならエルゴタイムは体重に直結するから!結局は体重を増やすという話でした。

④英語の勉強を本格的にする
急にボートと関係ないやんとお思いかもしれません。しかし、英語のリスニングやリーディングができるようになると実況の解説を聞き取ったり、海外のボートのブログだって読めるようになるのです。この半年は英語の文章に慣れようと思って短編集とか読んだり聞いたりしていました。もう少し長文をすらすらと読めるようになって、スコアを上げたいですね。あと、長文のリスニングも!

長くなってしまいました。最後に東大戦で一番思ったこと。
⑤「”甘え”を捨てる」
1日1日を丁寧に過ごしていきたいです。そして後悔や反省なんて思いつかないくらい全力でやりきる。

夏は始まったばかり!インカレで成長した姿を見せつけます!

7か月前