私視点美山クルー紹介

こんにちは、愛宕のBに乗る計盛晴香です(!?)

なぜ美山ではない私がクルー紹介を書いているかというと、美山は2人で組みすぎてレースのたびにクルー紹介を書いてきたため、もう書くことがないそうで、美山の友達枠で私が書かせていただきます。

美山の2人には、私がシングルで練習している時に、同じクルーのように接してくれて嬉しかったです。決起集会もなぜか私が予約をとったので私も美山の一員ですね。

それではいきましょう

整調:ハラマオ

執筆依頼者。言わずともしれた星野源好き。「私のこと10行書いて〜!2行貶したら3行褒めて〜」と言われたので、なるべく褒められるように頑張ります。

 

おにぎりをハート型にするマオ。

私視点からすると、彼女は京大ボート部の中でも「漕手」という名が似合う人だと思います。部活に対する関わり方は人それぞれだと思いますが、彼女は最早ボートが生活の一部になっている人です。エルゴも乗艇も、生活の一部で、疲れていてもしんどいメニューもそれが生活の一部だからやる。嘆きの原と呼ばれた時代もありましたが、実は嘆きは彼女のエンジン。嘆きつつ全力で抵抗しつつ、ボートは生活だから、絶対にサボることはありません。(ただしウェイトは例外で、人がいないとサボってしまうから絶対人とやるそうです。)負けず嫌いで、外に見せる顔より闘士に溢れていてそのためにたくさん努力できる人だと思います。

モーション中はストイックな感じですが、陸ではかまちょ。今日あったことを嬉しそうに話してくれます。相槌を間違えると不機嫌な顔をします。この前、「掃除するために冷蔵庫の下に手入れたら、鋭利な突起物が合って手の甲を怪我したんだけど〜」と言っていたので、「手の平なら鍛えて皮が厚いけど手の甲は鍛えてないから残念だね。」と返したら「なんか求めてたのと違うわ」と言われました。突然「今何考えてると思う?」と聞かれることも多いです。正答率7割くらいで嬉しいです。当てたらすごくご満悦な顔をしてくれます。日常の面白いことを見つける天才で、紘子さんに「辛いってワードでエピソードトークして」ととんでもない無茶振りをされた時もそれなりにエピソードを話してきたので地味にすごい才能だと思います。最近ペットボトルから水を早く出す方法を見つけ出して披露したがっています。見てあげてください。

レース前はとてもソワソワしていますが、レースが始めると強気のレース展開でスタートからガンガンとばしていき、乱れぬ集中力で美山を高みに導いてくれます。(乗ったことないので憶測)

バウ:紘子さん

優里が好きです。よくライブに行っています。感情が表に出にくい紘子さんがライブでどんなノリ方をするのか、密かに気になっています。

紘子さんは、実習があったりTOEICがあったり、院試があったり、ずっと部活以外のもう一つの目標を抱え、達成してきました。目標があったら一点集中!って感じで、目標を達成するには何が最短かを常に考え、そのための努力と労力を惜しまない凄い人だと思います。それは部活に対しても同じで、乗艇でも頭をフル回転させてあの手この手でクルーがベストな漕ぎを出せる方法を模索し、いい漕ぎが出るまで揚艇させてくれません。(乗ったことないので憶測)漕ぎに関しての引き出しの数がすごくて、何か相談すると、2、3個何かを提案してくれます。

ストレッチをする紘子さん。主将であり女子部のゆるキャラ的存在

紘子さんといえば偏食。エッセンの野菜はちゃんと食べていますが、むなしの定食の味噌汁に浮いてる少量のネギでさえ、器用に残すそうなので、引退後の健康が心配です。また、納豆が好きで一時期は早朝練前に納豆巻きを食べてましたが、薄味派らしくタレをほとんど残します。もったいないです。一緒にご飯を食べると紘子さんが食べたくないものをもらえたりするので嬉しいです。

今シーズンは幹部とかなんやらで関わる回数が増えました。紘子さんとは実は一度も同じクルーになったことないですが、いい意味で先輩と思えないほど素を出せるようになった気がします。昨日三菱の合宿所で、ベッドの隙間でストレッチしていて思わず「邪魔」と言ってしまった自分にびっくりしました。最近では揚艇後に「今日〇〇あったんだ〜」と嬉しそうに報告しにくるお茶目な姿を見せてくれるようになりました。来年も多分漕いでると思いますが、やっぱり現役の時より部活にくる頻度が減るんだろうなーとか考えると寂しいです。

レースでは、鋭いドライブで整調を支え、センスの光るコマンドで盛り上げてくれることでしょう。(乗ったことないので憶測)

クルサポ:さちさん

賞状を貰う漕手と嬉しそうなさちさん。さちさん以外が多すぎますがいい写真だったので切り抜かずに。

関西選手権の時、美山のアツいクルサポを募集した結果、さちさんが立候補してくれました。インカレのクルサポも自ら立候補し、アツい気持ちで美山をサポートしてくれています。

滋賀に住んでいて、石山駅はなんと定期券内!部活をしていると意外とネックな交通費問題がなくなるのが羨ましいです。家が近いおかげか、1年の留学から復帰すると配置に入りまくり、ブランクを感じさせずすぐに部活に馴染みました。

コミュ力の塊のような方で、この前、瀬田川に来ていた、全然知らない外国人の親子(ボート選手の家族らしい)と打ち解けて、艇庫を案内し、記念写真まで撮ってもらっていて、本当にすごいなーと思いました。

今年の4回生はインカレ後も部に関わり続ける人がほとんどですが、さちさんも例に漏れずあと1年部活にいるのが嬉しいです。

コミュ力と明るい笑い方で場を賑わしてくれますが、怪我や故障のケアの話になると真剣に相談に乗ってくれ、親身になってアドバイスをくれます。

いつも美山のクルーmtgに参加し、水上ビデオのみならず陸上でも話し相手になったり、体の調子を聞いたり、心身共に支えてくれ、2人からの信頼は厚いです。

 

 

美山のクルーは陸ではゆるーく見えますが、水上ではストイックで(乗っていないので憶測)本当にかっこいいです。何より、本気で高みを目指しているのがとてもかっこいいです。コーチの香川さんも2人の感覚を信じて見守り、立ち止まりそうになったタイミングで助言をくれ、2人の漕ぎに自信を与えてくれます。(想像ですが)

美山は去年からずっとダブルを組んでいますが、2人で出るレースはいよいよこれで最後です。私も2人に追いつけるように頑張るので来年は一緒に大艇に乗りましょう。

最後のレースを誰よりも強気で楽しんで出し切ってきてください。応援してます!

美山の応援よろしくお願いします。

6か月前