全日本大学選手権M4-蓬莱クルー紹介

 

日頃からお世話になっております。今回のインカレに対校M4-の3番として出場します、2回生の片岡陸人です。

 今回のクルー紹介は、某RウイングのKさんのブログ形式を真似して書いてみようと思います。

 それではいきましょう。(クルーはシート順。コーチ,クルサポは年齢順となっております。)

 

S:Y田M和選手

173cm77kg,I治西高出身

 昨年、一昨年と同種目で準優勝している京大ボート部のベテラン実力派。

 強みは一定の漕ぎで漕ぎ続けられることであり、かなりのタフガイである。指定レートに幅があるメニューでは「とりあえず〇〇でいこう」と1番高いレートを提案し、その通り実行する。無駄な動きが少なく効率良く動くため疲れにくいのであろう。

 最近の口癖は「優勝して引退するんや」であり、悲願の金メダル獲得を果たし、8年目に突入した自身のボート人生に区切りをつけるつもりである。とは言いながら、試合の結果に関係なく来年も漕手を続行してそうでもある。

 

3:K岡R人選手

178cm81kg,S本高校出身

 高校時代からの経験者。大学に入った途端競技に真剣に取り組み始め、今では高校時代から2000エルゴのタイムを20秒以上更新している。1回生の10月に部内でトップに立ち、その記録はわずか1日で抜かれるも、今回のインカレ選考で再びトップに返り咲いた。

 一方、あまりにボートに熱中するあまり、「早朝練後は体を休ませるために学校には行かない」「〇〇教室の椅子は腰に悪いので、〇〇教室の授業は受けない」などと宣っており、ほとんど学校に行っていない。取得単位数はお察しの通りである。

 

2:K戸O生選手

180cm81kg,Z所高校出身

 昨年の準優勝クルーの内の1人であり、部のエース的な存在である。

 また、現在副将を務めており、次期主将でもある。練習に対してはかなり真面目で、体調を崩すこともほとんどなく、継続的にトレーニングしている。その真摯な姿勢は全部員の模範となるものである。しかし意外にも私生活では適当な所が多く、しばしば残念な所を見せる。だがそこが可愛くて憎めなかったりもする。

 K岡とはトレーニングパートナー的な関係であり、今シーズンに入ってからは、ほとんどのエルゴメニューを隣で引き、鎬を削っている。K戸はミドルレートのメニューにめっぽう強い。

 水上では、コマンドを出す係を担当している。昨年も同じシートでコマンドを出していたため、慣れた感じでこなしている。戸田ではK戸の熱いコマンドが響くことだろう。

 

B:O島A史選手

184cm81kg,N大和学園出身

 高身長、高学歴に爽やかフェイスなど、高スペックぶりがとどまることを知らない、絵に描いたような好青年である。あとは人の話を聞いてくれれば完璧である。

 かなり真面目な性格であり、何かしていないと落ち着かないらしい。試合10日前くらいに「緊張してきた」と言っていた。「もっと自信を持っても良いのに」とK岡は思っている。その性格はボートに対する姿勢にも顕著に表れており、何かとマメに取り組んでいる。

 全日本、T大戦、インカレと今シーズンの全レースに私と一緒に出場しており、10月の新人選も含めて全試合に同種目で出場する可能性が高い。心中お察しする。あと2年頑張ろうね!

 

コーチ:S藤K太郎コーチ

 今年度から加入していただいたKURCの新戦力。

 全身から爽やかさ、感じの良さが滲み出ており、かなり話しやすく気さくな方である。一方、ボート選手としてはストイックさを煮詰めたような方であり、T北大の主将時代、正月も練習することを提案して、猛反対されたという経験を持つ。そんな彼の提示するメニューは想像を絶するが、クルー全員必死にくらい付いている。

 流石に経験豊富であり、引き出しが物凄く多い。全日本でも蓬莱のコーチを務めていただいたが、クルーの技術は明らかに向上している。これからもどんどん吸収していきたい。

 

M原Rコーチ

 おしゃれな趣味が多数あり、何かとカッコいい。また、考え方がかなりしっかりされており、大人な印象を受ける。彼と話をするのはとても興味深く、ついつい長く話してしまう。

 現在院 2回生で、K岡が新入生の時は新人コーチを務めていただいていたため、ずっと面倒を見てもらっている。ありがとうございます。おそらくクルーとして関わるのはこれが最後なので、是非金メダルをかけてあげたいと思っている。

 

M元M里香CS(クルーサポート)

3回生

 元祖最強クルサポ。昨年の部内ランキングでは、K岡に続いて「部活に魂売ってる人」 2位にランクインしたほど、良く部活に来てくださる。

 先日、部門業務について語った熱いブログを投稿されており、「その取り組みが無駄にならないように、結果を残す」とクルーは決心した。

 

M崎A里彩CS

2回生

 普段からニコニコしていて感じが良く、何か幸せそう。普通にしていても「顔が怖い」と言われがちなK岡とは対照的である。羨ましいかぎり…

 T大戦でもクルサポを務めてくれたが負けてしまったので、今度は勝っている姿を見せたいとK岡は気合十分だ。

 

K谷HまりCS?

2回生

 本来のポジションはコックスである。インカレ期間は、S藤コーチやM原コーチからボートについて吸収すべく、このクルーに見習いのような感じで加入した。オールを運んでくれたり、ビデオを撮ってくれたりもする。ありがとう。

 

クルー紹介は以上です。総勢9人の大所帯。このクルーで日本一取ります。応援よろしくお願いします。

6か月前