中途半端って良くない

初めまして、一回生漕手の大隈裕太です。滋賀県の膳所高校出身です。初めてのブログで何を書こうか迷っていましたが、今回は僕がなぜボート部に入ったのかについて書きたいと思います。

まず、僕は高校生の時からボート班(部)に所属してました。その時ボート班を選んだ理由は仲の良かった友達が入るからでした。別にボートがやりたかったわけじゃなかったんです。でもやってるうちにどんどん楽しくなっていって、ボートにのめり込んでいきました。そこからしばらくはレースに勝つ喜びのために一生懸命練習に取り組んでいました。

ですが2年生の冬、急に気持ちが切れてしまった時がありました。記録も伸びなくなってきて、なんでこんなきついことしてるんやろって気持ちが出てきたんです。そう思い始めてからは練習に行くのがしんどくなってきて、ボートが嫌いになっていきました。こうしてやる気がなくなってしまった僕は中途半端な形で部活を引退してしまいました。もう瀬田川なんか来たくないとその時は思ってました。

そして京都大学に入学してからもその思いは変わらず、ボート部には入らんと思ってました。高校時代よくしてもらっていた岩田先輩がいたので新歓には参加しましたが、それも先輩がいるから行かないとという義務感のようなものでした。

でも新歓で久々にボートに乗ると、初めてボートに乗った時の楽しさを思い出し、またやりたくなってしまいました。また高校でのボート生活が不完全燃焼で終わったことを後悔していたこともあり、ボート部に入るという決断をしました。この決断をしたからには最後までやり切って、日本一を獲りたいです。今度こそ後悔しないボート生活を送ります!

全く関係ないのですが、最近行った江ノ島の写真をあげておきます。同期の八役と2人で行きました。

拙い文章だったと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございます。ここから秋季に向けて頑張ります!!

5か月前