12月の私からお送りします

こんにちは。中村です。

ブログの当番が発表されてすぐにブログを書くという素晴らしいことを過去の自分がしてくれていたので、それを載せつつ最近の生活についても書いてみようと思います。

ここからは12月の私からお送りします。


こんにちは。中村です。

このブログを書いている今は、12月の下旬です。まだ1ヶ月以上も前ですがブログを書こうと思い立ったので書いてしまおうと思います。12月時点での近況を書いていこうかなと思います。このブログは2月に公開されるので、2月時点では近況じゃないかもしれません。

2月は実習期間中なので、多分忙しくしてるんだろうなーという感じです。皆さんも寒い中頑張って下さい。

最近ハマってるのは、絵を描く事とアニメ葬送のフリーレンです。

なぜかは忘れたのですが、2021年の年末あたりにiPadにAdobe frescoという絵を描けるアプリを入れて絵を描いてみました。それ以降絵を描くことはあまり無かったのですが、なぜか最近また絵を描きたくなって、結構な頻度で描いています。

写真を撮るのも好きですが、絵を描く方がより自分のオリジナルで描けるし、上達が目に見えるので最近は絵を描く方が好きになってしまいました。あとは、自分は言葉で表現するのがあまり得意ではないので、絵に描くことでストレス発散になったりもします。

あとは、葬送のフリーレン。元々YOASOBIが好きで、YOASOBIが主題歌を歌っているので観てみる事にしました。見事にはまりまして、3周目に突入しています。色々な設定といい感情の表現といい、なんかもう本当にすごいので観た事ない人はとりあえず観て欲しいです。

で、このアニメを観てたら、絶対この場面の絵描きたい!と創作意欲が湧いてきて、最近は専らアニメに出てくる場面を描いています。

12/20時点での1番の出来だと思っている絵を自慢しておきます。

絵を描いてインスタにあげてみると、絵を描いてなかったら話さなかったであろう中学以来の友人からDMが来たり、褒めてもらえたりして、嬉しいことがいっぱいあります。
葬送のフリーレンのアニメの中で、なぜそれを趣味にしているのか、という問いに「褒めてくれた馬鹿がいた、それだけだよ。」とフリーレンが答える場面があるのですが、最近その気持ちがよくわかります。絵を描く事自体も楽しいですが、やっぱりそれを人に褒めてもらえるのは嬉しいです。

以上が12月時点での近況です。

読んでいただきありがとうございました。


というのが12月の私らしいです。フリーレンにかなり心を奪われているようです。笑

最近は、9週間の病院実習に明け暮れています。

毎日の暮らしはこんな感じです。
まず、4時前に起きます。そして、レポートを書いたり勉強したりします。
メイクをして、朝ごはんを食べて、温かいお茶と昼食のおにぎりを用意して、出発します。20分くらい駅まで歩くので、そこでオーディブル(本を朗読してくれるやつです)を聴いて小説の世界に浸ります。電車では英語の本を読んでみたりします。
実習ではいろいろ教えていただいたり患者さんへの治療を経験させていただいたり、有意義な時間を過ごします。
帰宅後はご飯を炊いて、その間に料理を作ったりお風呂に入ったりします。ご飯を食べてちょっとだけゲームをしたりしてゆっくりした後、レポートを書きます。
そうして9時過ぎには寝るようにしています。

ほぼ早朝練している人たちと変わらない生活リズムです。笑

私はリハビリの作業療法士という道に進もうとしているのですが、リハビリにおいて「評価」っていうのはとても大事になってきます。あれほどCOXの時に「評価」されることに苦しんでいた自分が「評価」する側になるのは何か不思議な縁を感じます。(まぁ、リハビリにおける「評価」はもうちょっと客観的なものですが。)
「評価」というテーマで一つブログが書けそうな気がしてきたので、今回この話題について詳しく書くのはやめておきます。またいつか書くかもしれません。

では、今回はここでお暇させていただきます。

追伸 そういえば実習開始前日の夜、パソコンの液晶から突如青い光が放たれ、使えなくなりました。幸いiPadとキーボードを持っていたのでなんとか耐えていますが、何かと不便です。当たり前に使っている物に感謝しながら生きています。

3週間前