料理ネタ

こんにちは。四回生の水野です。
連日むし暑い日が続きますね。僕は暑い暑いと文句を言いながら、じつはじめじめした暑さはそんなに嫌いじゃありません。むしろ好きです。一生この気候でもいいなーなんて思ったりします。なので僕自身はいいのですが、みんなは暑さで困ることも多いようです。
特に困るのは汗かきの人です。
ボート部の汗かき代表、二回生の福岡くんはごはん釜を洗っているだけで練習直後かと錯覚するほどのありえない量の汗をかいていました。
彼の合宿所の枕は黄色いそうです。洗ってほしいですね。

さてそんな暑いなかブログのネタを探していたのですが、都合よく面白いことは起こってくれません。ならば自分でおこすしかない。
幸いオフで時間はたくさんあったので久々に趣味(?)の一つである料理をしてみました。

まあ料理をしても特に面白いことは起こらなかったのですが、一部写真と共にレシピを振り返っていきます。

一品目 シュリンプポテサラ
このレシピは僕の人生のバイブル、「酒のほそ道」という漫画のなかで、作者のラズウェル細木先生が紹介していたものです。先生、レシピをパクってブログのネタにしてしまいました。すいません。
まずエビをゆでてカラを剥きます。カラを食べてしまうとちょっと嫌な気持ちになるので丁寧に剥きましょう。

次にきゅうり、玉ねぎを1センチほどの角切りにします。大きさは適当です。余談ですが冷蔵庫の中から発掘した玉ねぎを使ったので、水分が抜けてカッチカチになっていてとても辛かったです。
ジャガイモはゆでて、適当な大きさに切ります。ジャガイモをつぶさないのがこのポテサラの最大のポイントといってよいでしょう。ジャガイモ本来の食感と味わいを存分に楽しみましょう。偉そうに言っていますが、レシピを考えたのは僕ではなく先生です。先生すいません。
最後にマヨネーズと塩コショウですべての具材を混ぜ合わせて完成です。

 

二品目 枝豆
塩もみをしてから熱湯で3分ほどゆでます。塩もみした後、塩を落とさずゆでるので、ある程度味が付いた状態でゆであがります。ゆでるだけなので簡単ですね。
僕は冷やした枝豆よりもゆでたての枝豆のほうが好きなのですが、皆さんはいかがでしょうか。
三品目 ちくわきゅうり
これはもはや料理とは言わないかもしれません。
ちくわの穴にきゅうりを入れるだけです。しかし、簡単で美味しいのですからこれほど素晴らしいことはないでしょう。

四品目 横浜K陽軒のシウマイ

ついに自分で包丁を使うことを放棄してしまいました。
東京に行った際のお土産として東京駅で購入したものです。チルドタイプで、チンしてすぐ食べることができます。自分で練るタイプの粉カラシが入っているのがうれしいポイントで、本格派の味わいです。まあ本格派の点心は食べたことないんですが。
ちなみに僕がK陽軒のシウマイ弁当のおかずの中で、シウマイの次に好きなのはマグロ(と思われる魚)のヅケ焼きです。もっと言うとあのヅケ焼きと甘い味付けのタケノコの煮物を一緒に食べるのが好きです。皆さんもぜひ試してみて下さい。

こんな感じで料理をしてみました。料理といえるか怪しいものもいくつかありましたが、おいしく食べられればそれでオーケーです。
いっぱい食べて夏バテしないように気を付けたいと思います。
それでは失礼します。

6年前