雨ニモマケズ

こんにちは。2回生男子漕手の吉田晶です。今日は七夕ですが今年も雨模様ですね。鴨川瀬田川ともに大きく水位が上昇し、また祖母の住む地域に特別警報がでているため、非常に不安な日を過ごしています。

さて一週間前、晴天の中行われた東大戦。2回生漕手ながら僕にとっての東大戦は艇の運搬から始まり、モニター設営や船台管理をして伴チャリで終わりました。怪我人を除けば唯一の控えという完全な実力不足です。準備中非常に悔しかったですが、出来るだけベストで漕いで勝って欲しいと思いながら働き応援しました。
しかし結果は惨敗。伴チャリしてる新入生が必死に応援している中、どんどん開いていく艇差。実力が1番劣る僕が言うのもなんですが、「日本一」と言って勧誘した子達に1度も勝ちを見せられてません。そんな艇差と新入生の姿を見てるとツラく、京大エイトのゴールは目を逸らしてしまいました。

レースが終わってから少し考える時間をとってからの水曜日、僕たちは回生でミーティングを行いました。新歓の話とレースの反省、そして今年から来年再来年のボート部について。もう入部して1年以上、僕たち主体で動くことも増えてくるし、未経験者は経験者にはまだ勝てなくてもしょうがないという気持ちだと他校に勝てないことも痛感した。フィジカルもメンタルも技術もまだまだだからこそ、もっと貪欲に強気に主体的に自分たちを高めないと、となった。

東大戦に惨敗して、この代は弱いと思われただろう。リベンジとなる東大戦はもうない。だからこそイメージを変えるには新人戦か僕らが4回になったときのインカレで勝つしか残されてない。体つきがよく有望な子が多い一つ下の後輩に少しでも良い姿を見せ、ともに勝つために、一日一日何か一つずつ必ず変えてゆこう!という決意を胸に僕たち2回生は再スタートします。
柄にも無い駄文長文を読んでいただきありがとうございました。

6年前