180kmチャリの旅

こんにちは、こんばんは。二回生漕手の庄司雄大です。今回は「あけましておめでとうございます」とは言い難いですが、来年こそは純粋に祝えるような状況になることを祈るばかりです。近いうちにまた多くの友達と無意味に集まることができるようになるといいですね。今年もよろしくお願いします。

ソシャゲじゃないので新年早々イベントを起こすはずもなく、去年の暮れは12月29日に行った180kmチャリの旅について話そうと思います。(文が)長いです。目的地は我らが新人コーチ向井さんの出身地である津です。とりあえず伊勢湾(という名のただの太平洋)を見てぇなという気持ちで臨みました。

集合は5:30に時計台前。有能の権化トミーがちょっと遅刻した珍しい瞬間に立ち会いました。少し走るとはんざわが「水がないと死ぬわあ」とかいうので山科手前のローソンによると、熱々のカフェオレ(160kcal)を購入。これがはんざわにとっての水らしいです。

いろいろ買ったりして7:00に近江大橋に到着。ここまではほとんど合宿所に行く道だったのでとても懐かしかったです。約20km地点の松屋で朝ごはんを食べ、ゆっくり行くかあって感じで出発。クロス2人(トミー、kだい)、ロード2人(はんざわ、私)だったのでクロスもいるし20km/hくらいでいいかなと思っていましたが、クロス勢が下宿合宿所間往復により鍛え抜かれた脚力を発揮し、大体25km/hで行きました。すごい。

田舎のバス停と聞いて思い浮かべるやつのちょっとでかいのを見つけテンションがあがったりしているうちに、建物も人通りも少なくなってきました。信号も少なくなりサイクリングっぽくなってきたところでkだいの後輪がプシュプシュいいはじめ、まあ、案の定というか、パンクするならkだいかなという思いのもと来ているので、はい。まじで運良くホームセンター前で起きたことなのでとりあえずホームセンターが開くまで1時間待機。その間にチューブ・タイヤ交換レクチャーをします。

するとチューブが無事ということが分かり、タイヤに穴が開いていたのでとりあえずタイヤだけ変えることに。そして何故かチューブだけ買ってくるkだい。かましてくれます。最近は新歓で自身の有能具合を発揮している彼の、懐かしさすら覚える奇行にほっこりしました。

まあ結局タイヤも買って交換しました。交換自体は5分もかかりませんでしたが、店でやると一本1000円くらいかかります。なんでこんな簡単なことに金がそんなにかかるのだ、サービスでやれと思うような人もいるらしいです。問題なくできるようになるまでにそれなりに時間がかかっているので対価は相応の金額になります。誇張するならフランスかどっかで修行した料理人にomelette souffléを作れっていって卵代20円を渡すようなものです。まあ嫌なら自分でやろうなって感じ。

12:00 圧倒的曇天

その後は関宿に到達し、時間的に2時間おしていたので津ではなく目的地の一つ、亀山市の元祖水炊きの店「むかい」で折り返そうということに。

道に迷いつつも到着。

疲労困憊の私と一言も発することなく店の匂いを堪能するはんざわ

誰一人水炊きを頼む者はおらずハンバーグとお重をチョイス。平皿のライスにたくあんが乗っており、ライスかご飯か悩ましいところでした。

近くの公園の滑り台で遊ぶために順番待ちしたりブランコ漕いだりして帰り始めます。有能が人の形をするならばトミーになるんじゃねってくらい頼りがいのあるトミーの後ろを仲良くついていきます。なんで道が分かるのか、秋季当日に迷子になった私としては不思議でたまりません。

明らかに未舗装の道に案内され地獄みたいな凸凹の登りを走破しました。私のタイヤ幅は25だから我慢できたけど23だったら我慢できなかった。

15:22

平坦路の先にいい感じの湖を発見。ここでフロントギアがインナーからアウターに戻らなくなったことも発見します。やべえ。コンパクトクランク(50-34)も相まってびっくりするほど進まない。アウターから落としたくないからコンパクトクランクかつクソでかスプロケットつけてんのが完全に仇となりました。リア13丁、ケイデンス90でやっと30km/hくらいらしいです。初期伸びを取ってなかったことが原因と思われます。フロントはまじでめんどくさいんだ。

16:10

明るいうちに滋賀に到着。安心。とりあえず大津まで戻り丸亀製麺で食事をしました。

暗くなりサングラスが要らなくなったのでコンタクトを捨てて、メガネをかけようとケースを開けると何も入っていないではないですか。結局予備のコンタクトをつけました。ワンデイで二日分の消費をしてしまい萎えです。

そのあとはもういつもの合宿所からの帰り道。懐かしすぎる。体感も時間的にも一瞬でした。

20時頃に京大に帰ってきました。お疲れ。今回思ったのはspdペダル最高ってこと。速度も速度なので足は全く疲れない。首が痛いですが。翌日筋肉痛も皆無で、メリットは速く走れることだけじゃないんだなあと実感しました。あと下り坂でクロス勢より抵抗が少ないかつでかいmgsinθによりクソ速く下っちゃうんですね。ずっとブレーキかけてたのでなかなかしんどい。ディスクのフレーム欲しいしリアだけでもニッセンケーブルに変えた方が良いのかもしれない。

長くなりましたが以上です。トミーはこれを機にロードを買うようですね。皆さんも自転車に沼って海外の工場から直接パーツを取り寄せたりしましょう!

2年前