ブログ。

こんにちは、4回生スタッフの西川です。

今回のブログが現役最後だからしっかり書いてよと言われたのですが、皆さんご存知の通りインカレ開催が延期となり、果たしてこれが最後となるのかおかわりがあるのか分からなくなりました。

とりあえず最後だと思って書いてみます。

 

何を書こうか散々迷った結果、締切ぎりっぎりの提出で担当には申し訳ない。。。
今年度のボート部では、現役の中では最上回生として、副務としてここまでやってきました。

副務はサポートスタッフの長である主務の補佐という立場だとされています。多分。

とはいえ元々定められた業務は主務に比べるとほとんどなく、幹部の人数合わせといわれてもそうなのかも?という気もする自由度の高い立場です。(*あくまで個人の感想です。)

 

主務のブログを見た方はお分かりかもしれませんが、彼女に主務をやってほしいと願った人間の一人です。ぜひやってほしい、私たちをまとめてほしいと頼んでここまでやってくれた彼女には感謝が尽きないですし、だからこそサポートとまではいかなくとも少しでも肩の荷が重くならないように、なるべく自分にできることはやっていこうと個人的に決めて臨んだ1年でした。

結果として実行できたかと聞かれたら、その瞬間に彼女にハーゲンダッツ片手に謝罪しにいくくらいには足りない部分も多く、むしろ私の方がたくさん助けてもらいました。

私がしたことが誰かのためになったのか、自分のためになったのか、それで頑張ったなんていえるのかと問われると、そうです!とはっきり答えることはできません。

私でなくてもよかったし、私たちの代では副務という立場自体も必須ではなかったかもしれません。

ただ、自分なりに自分の時間と思考とエネルギーをかけてきたとは思います。それが何に繋がったのかとかは分かりませんが、私含め全員がそれぞれのやり方でボート部と付き合ってきたと思います。自分のこれまでの向き合い方は、まあそんなに悪くはなかったかもですね。良いことしかなかったとか常にやる気に満ちあふれていたとかではなかったですが、それでも自分の人生の出来事について話す際、ボート部生活は省略できない気がします。

 

何が言いたいとかなく書き始めた文章なので、まとまりがある訳がなく…。

 

とにかく、こんなに濃い4年間弱を過ごさせてもらったボート部には感謝していますし、先輩後輩にも迷惑ばかりの幼い薄い人間も許容して一緒に過ごしてもらって本当に感謝しています。同回は言うまでもなく、感謝の念が堪えない尽きない、です。

(お返しに少しくらい感謝してくれてもええんやで。 by某–)

 

 

例年、9月上旬のインカレを機に代替わりすることになっています。

今回、本大会が10月末に延期になったことで、各々がこれまでとこれからについて再度じっくり考える機会が与えられました。

クルー・練習・各種大会計画の変更、引退・代替わり云々、いろんな気持ちがあると思います。

複雑な心境の中もらった先輩からの暖かいお言葉に少し目が保湿されたこともありましたが、私も他の人もそれぞれが自分のペースでまた進んでいけたらいいなと思います。

 

5年後あたり同回で集まって、そういえばこんな感じだったなあと笑える日を楽しみに、
残りの日々も過ごしていきたいです。

 

 

以上、ブログ2回分くらい書いたので担当することはもうないよね。おつかれさまでした!

超蛇足。これ買おうか迷ったので、食べた人は感想ください。

 

1年前