ちっきんほこほこ亭

 期末試験も佳境を迎え、あと残すところ2日となりましたね(今日は1/29)。テスト勉強お疲れ様です。寒河江です。聞くところによると法学部などは次の週もテストがあるようですが、皆さん頑張りましょう。僕の所属する物理工学科では2回生に上がるときにコース分属があるので今回のテストはそこそこ勉強した「つもり」でした。僕はエネルギー分野でbigになりたいと思っているので、エネルギー応用工学コースを第一志望にしたのですが、噂によると今年は結構激戦区らしい…?エネ応だったら桂に飛ばなくていいという大きなメリットもあるのでぜひとも第一希望が通ってほしいですね。もうすぐ後期も終わり、春休みが来て、晴れて2回生ですが、今回のブログでは書きたいことがコポコポ湧き上がっているわけでもないので、最近思うことをたらたら書こうと思います。

水没したスマホを探すため潜水士となるもりもてぃー

 まずは相当物議をかもすであろう話題から。先に断っておくとこれから書くことはさして深刻なものではありませんし悩んでいるわけでもありません気まぐれです。前回のブログで4年間ボート部を続けると宣言したわけですが、最近はそんなことないかなとも思うようになってきました(書き終わってタイトルを決めているときにやっぱりそんなこともないかなぁとも思ってきました。公開直前)。ボート以外にもやりたいことは色々あるなぁと最近改めて気づいたからです。学科の周りの友達の春休みの予定を聞いたり、帰省して部活がなくても意外に暇ではなかったことがきっかけです。例えば3回生でボート部をやめてもっとバイトとかをして、お金をためていろいろな国に旅行に行ってみるのもありかな。京都から石山の移動にお金もかかるしなぁ…とかね。こんなことをブログに書くな、自分の中でとどめておけよとお思いになるかもしれませんが、間違いありません。ただ、断っておくとこの考えはさして深刻なものではありません(再掲)。こんな考えもあるかぁと思うある自分の一面からの意見です。絶対に4年間続けようと思っている自分もちゃんといます。多分なんだかんだ辞めることはなく、4年間在籍する気がします。この気持ちは一時的なもので時がたてばまた別な気持ちになってるかも?そして過去にこんなことをブログに書いたことを後悔するかも?あとこれを書いているのは、構ってほしいからでもないですよ。辞めるかもという匂わせ?をして引き止めてほしいというわけではないです。大学生のうちにしかできないであろういろいろな可能性(ボートも)を失いたくないというところでしょうか。こんなことを思うなんて弱い、4年間で大成しないだろうとお思いになる方もいると思います。ボート部に対する帰属意識が低い、無責任だという声もあるでしょう。ただ、4年間ボート部に”在籍しなければならない“ということを前提に話をしたくはありません。それは自分の固い決意から納得できる形で出てくる結論でありたいとも?よくわからない。もちろん、ボート部を辞めたいという感情に打ち勝って努力を続け4回生のインカレで輝くのだ、という考え方は非常によく理解できますし、それは高校までの部活でも体験してきたことです(再び断っておくと、ボート部を辞めたいという気持ちは全くありません。むしろボート部は楽しいです)。今まで書いてきたことは、本気でボートに向き合っている人からすれば、全く理解できず、怒り心頭かもしれません。楽しさだけを求めるなんて強くなれない、どんな時も自分を奮い立たせろよと言いたいかもしれません。でも、私はいろいろな可能性を考えて突き詰めた結果ボートを続けようと結論付けた方が、たらたら続けるよりも得るものは大きいかも?と思ったりします。冬季練習は寒くて大変だけれど楽しいです。夏にかけてもっと刺激的な日常を送れるのでしょう。そしてやっぱりボート部を続けていてよかったと思っていると思います、あのときのブログに書いたことは贅沢な気持ちだったなぁという考えに至るかもしれません。それともやっぱり…?この前たままきと、やっぱり新人期がめちゃめちゃ楽しかったねという話をしました。もっと熱く、連帯感をもってやれていたかもしれません。もちろん今は冬季だし(冬季も楽しいけど)、4分の1年しか過ごしていないわけで…(何を書きたいのか忘れたので略)。1年前私がどのように大学生活を送るか選択の機会を与えられたように、選択肢をたくさん持った新入生がいっぱい入ってくるのを想像するといろいろ考えちゃうのかもしれませんね。季節柄でしょうか・・・。悩ましいけどあんま悩ましくないですね。

 

 さて、上に書いたことはどうでもいいことです。こっからが本題。私のカメラロールにあったお気に入りの写真紹介でもしようと思います。

米沢弁わかりますか?
熱を出すかいちゃん
購買の過剰に思えるほどの雪見だいふく
カマキリをおいしそうに眺めるたままき
柔らかな日差しの中昼寝をするもりもてぃー
秋季、温泉に行くため丘越え
秋季、こごうさん
勢多もいいけどこの写真が結構好き
ビワイチ終盤、おなかすきすぎて平和堂が見えたときは歓喜。ここたは落としたパンすら食べていた。普段の彼では考えられない極限状態
大掃除。冷蔵庫から出てきたカビだらけのなにか
たままきの誕生日パーティー、かいちゃんはウン万円飛ばす
石山寺。もみじを撮るTを撮るけんごを撮る直野を撮る寒河江を撮るここた
干上がった陸地で遠くを見つめるイイヌマ

 

 

 

 

1か月前