2019京大ボート部ブログランキング

こんにちは。2回生スタッフの渡辺です。

今年もあと2週間。早いですね…。みなさんにとって、2019年はどんな年でしたか…?
僕は今年1年間が人生で1番楽しかったです。授業数が少ないからとてつもなく暇になると思っていたら、あっという間に過ぎてしまいました…。来年もいい年になるといいですね。


この1年で、ボート部のスタッフとして、大きく成長できました。日常業務や部門業務、そして遠征を重ね、人並みには仕事がこなせるようになったと思います(今でもめちゃくちゃミスしますが…)。また、東大戦・インカレ・新人選と3クルーのクルサポをして、漕手が1つ1つのモーションに対してどんなことを考えて取り組んでいるのか、より近くで感じることができました。サポートはレース結果と違い目に見えるものではないので僕の活動が艇速にどれほど貢献できているのか分かりませんが、今年経験したことを来年に生かし、より貢献できるように頑張ります!


半年前に、東大戦部門としての仕事について書きました(来年は瀬田開催の予定なので、今年以上に忙しくなりそうです…。頑張ります!)。今回は、僕のもう1つの部門、「広報部門」について紹介します。

京大ボート部の広報は、2つに分かれています。1つは「濃青」というOBOGさんや部員の保護者向け冊子の編集を行う「濃青部門」。もう1つは、HPやTwitterなどのSNSの管理を行う「HP部門」です。僕はHP部門に所属している(と言いつつ来年から濃青部門も兼任することになりましたが…)ので、HPについて書こうと思います。

京大のHPは一昨年にリニューアルし、ブログ以外にも部員紹介やレース結果まとめなど様々なコンテンツが増えました。それらのページを更新するのがHP部門の仕事です。レース前にクルー紹介をしたり、レース結果を流したり、戦績を更新したり…。1つ1つの仕事は単純ですが、なかなか外には伝わらない京大ボート部の魅力を伝えることができる貴重なツールなので、いろいろ工夫しながら取り組んでいます。

部員にブログを書くよう呼びかけるのも仕事の1つです(書いてくださいね~!)。人によって文章が全く違うので、読んでいて楽しいです。この個性溢れるブログが、京大ボート部のHPの特長の1つだと思っています。遠征の時に何度か部員がOBの方や保護者さんに「ブログで見たことある!」と言われている光景を見かけ、ブログの影響力を感じました。


さて、ブログにまつわる話題をもう少し。京大ボート部のHPは「WordPress」というソフトウェアを使っていて、その機能の1つとして統計を見ることができます。そこで今回は、今年1番読まれた記事が何なのか、「2019京大ボート部ブログランキング」を発表したいと思います!
※2019年12月現在、現役もしくはコーチとして活動している部員が書いた記事に限定しています。


まずは、第10位~第4位まで、一気に発表します!(敬称略)


第10位「君のボートを駆動driveせよ」(3回生菅井

第9位「東大戦の魅力」(2回生渡辺)

第8位「ボート部は辞められない」(1回生井上

第7位「ボート部四年史」(4回生森島

第6位「ありのままの東大戦」(2回生伊藤

第5位「インカレ報告 兼 新主将挨拶」(3回生山田

第4位「やっぱりボートは辞められねぇ」(2回生福田


いかがですか? 皆さんの印象に残っている記事はありますか?
タイトルを見てもわかる通り、ボート愛・ボート部愛に溢れた記事が揃って上位にランクインしていますね。


ではいよいよ、トップ3の発表です!

第3位「東大戦、みんなで勝った!」(2回生椙山


今年の東大戦勝利の翌日、椙山の素直な思いが綴られたブログです。2回生は昨年の東大戦以降、新人期から東大戦勝利を目標の1つに掲げ、一丸となって戦ってきました。女子ダブル・男子エイトともに勝利し、観る人みんなを感動させるレースだったと思います。未だにあの日の事が忘れられません。

第2位「クルー紹介M8+(勢多)」(2回生福田)


東大戦の3日前に書かれた男子エイトのクルー紹介が2位にランクイン。今年は2回生男子漕手の人数が足りず、医学部が3人乗ったクルーとなりました。それでも、記事にある通り1人1人が毎モーションで主体的に考え取り組むことで成長し、勝利を掴みました。



そして、栄えある第1位は…、


coxless cox」(3回生菅井)!!


全日本級の大会での種目変更・廃止に一石を投じた菅井さんの記事が1位となりました。2019年度より舵手つきペアが廃止されたことで、インカレに出漕できる舵手が1人減ることとなりました。このことが各大学、京大ボート部に与える影響とは…。

この記事は、ボート関係者の間ではよく知られたブログ「rowingの志」にも引用されました(「アゲイン、M2+!!」)。
多くの読者を持つサイトに掲載されたことも、閲覧数に影響したのだと思います。



こうやってランキングをまとめてみると、ボート部のHPなので、やはりボート関係の記事が多く読まれていることがわかります。特に東大戦関係の記事が5つもランクインしたことが印象的でした。


京大ボート部のHPはまだまだ発展途上です。より多くの人に見てもらえるよう、見に来てくれた人により充実した情報を提供できるよう、できることから取り組んでいきたいと思います!


2回生スタッフ 渡辺 大賀


P.S. 写真は先週の日曜日に学連部門・東大戦部門で「大会運営飲み会」をしたときに撮ったものです。実は、某・元学連委員長のブログも、ランクインしていたとか、していなかったとか…

4か月前